Webマーケティングの登場

ビジネスを行う上で、マーケティングというのは非常に重要な意味があります。
ステルスマーケティングといったような言葉がよく知られるようになってしまったために、マーケティングのことを「広告活動」のことだと勘違いしている人も多いのですが、これはマーケティングの持つ役割の一部に過ぎません。
マーケティングの中でも特に重要な意味を持っているのは「情報収集」です。
市場の動向を探り、需要を見つけることで提供する商品やサービスを考えることが非常に重要なポイントとなります。
広告活動はいわば「需要創出」を行う活動です。
新しいものを生み出すよりも、現在存在しているものを利用した方がローコストに済むことが多いため、まずは情報収集とそれに合わせた供給を考えることがポイントとなるでしょう。

さて、そんなマーケティングにおいて、ここ20年は激動の時代となりました。
これまでは街頭アンケートやはがきのアンケート、電話アンケートなどを利用して行われていた「情報収集」が、非常に簡単にできるツールが生み出されたためです。
それが「インターネット」です。
今やインターネットをマーケティングに利用するのはビジネスにおける基本の1つとなりました。
ただ、これを本当の意味で正しく利用出来ているのかというと、まだ疑問が残ります。
そこでここでは、日本国内のWebマーケティングと、海外のWebマーケティングについて、その内容を比較検討してみましょう。

Copyright © 2014 海外のWebマーケティング事情 All Rights Reserved.